家主は知っておきたいネズミの駆除・捕獲方法のまとめ

ネズミが出てしまった場合に備えて、ネズミの駆除・捕獲方法をご確認くださいませ。

疑問と回答のまとめ

ネズミ駆除でかご罠は本当に捕獲できるの?

投稿日:

ネズミ駆除剤と併用すればかご罠で捕獲しやすい

餌が仕掛けられたネズミ取り

ネズミ駆除で昔からあるのが、かご罠です。構造は、中に餌を針金につけておいて、ネズミが餌に興味を持ち餌を取るとその振動でバネが作動して、入り口が閉まりネズミが捕獲できるものです。

しかし、そう簡単に賢いネズミが罠に入ってくれるのでしょうか?

単独のかご罠を設置するだけよりも併用を

ネズミは想像以上に警戒心が強く考えた行動をする生き物ですので、単独でかご罠だけを置いていてもなかなか入ってくれないのが現状です。

日にちが経過すれば餌を好感して根気強く待たなければなりません。設置場所次第ではネズミが警戒心を持って、そこを通らなくなる可能性もあります。

これでは、希望通りに捕獲ができないので、落ち着かない日々を過ごすことになります。そんな場合には、ネズミ駆除剤を併用しましょう。

ネズミは餌だと思って駆除剤を食べ始めて行きますが、すぐに効果が出るわけではないので数日後に死んでしまいます。しかし、その間にある程度、駆除剤で弱っていれば警戒心も緩んでかご罠に入りやすくなります。

かご罠の設置には注意が必要

かご罠は、このように併用することで捕獲が期待できる確率が上がります。ただ、捕獲ができるまで餌の交換もしなければなりません。

その際に、バネの力が強力なので指や手を挟んでしまう可能性もあるので、充分に注意をしましょう。捕獲さえできれば、弱っているネズミならそのまま死んでしまいますが、すぐに処分をしたいときには、かご罠のまま水に浸けます。

ただし、かご罠のネックは死骸を取り出す作業をしなければならなくなります。なかなかできないという方もいるのは確かですので、誰かに頼んでしてもらうようにするほかありません。

返って、粘着シートの捕獲剤であれば、左右のパーツをたたむようにすればネズミが見えなくなるので、扱いやすいでしょう。

いずれにしても、かご罠は繰り返し使えるものですので、ネズミを取り出す作業が必要になることを想定して設置するようにしなくてはなりません。

-疑問と回答のまとめ

執筆者:

関連記事

たくさんのネズミ取りに囲まれた白いネズミ

簡単で手間のかからないネズミ駆除の方法は?

簡単なネズミ駆除方法をお探しなら超音波がおすすめ 自宅にネズミが住み着いてしまうと駆除するのにも一苦労です。家中に薬品を撒いたり、専用業者に依頼するなど、大掛かりで面倒な印象を持つ人も少なくありません …

パンを食べるネズミ

ネズミ駆除で超音波を使うのがあるようですが効果はあるのでしょうか?

超音波を使ってネズミ駆除を行う時もしっかりした業者を選べばしっかり効果があります。 ネズミ駆除を業者に頼もうと思った時に超音波を使ってネズミ駆除をするという業者もあります。ですが、実際に超音波を使って …

ネズミの駆除剤を散布する人

自治体でネズミ駆除の相談ができますか?

害獣に該当するネズミ駆除は自治体で相談可能 小動物や鳥類の死骸がある場合、自治体に届け出をすることが義務付けられているものですが、ネズミの被害がある場合には相談ができるのでしょうか?引越しをしたばかり …